INPUT

自己開示のためのエクササイズ

私は自分自身について話すことや、自分について知ってもらうこと、つまり「自己開示」が苦手だ。

 

コミュニケーションや人間関係を構築する上で、「自己開示」は大切だ。ということをよく聞くし、大切だといわれる理由も何となくイメージが湧く。実際どうして大切なのか。自己開示について調べていると「ジョハリの窓」という概念が出てきた。心理学におけるカウンセリングなどにもよく使われる考え方らしい。

「ジョハリの窓」とは、心理学者のジョセフさんとハリーさんによって提唱された概念です。元々は「対人関係における気づきのグラフモデル」といい、対人関係を進展させるモデルとして発表されました。後に2人の名前をとって「ジョハリの窓」と呼ばれるようになりました。

 

自己洞察や自己理解を深めていくツールとして、就活や研修などでもよく用いられています。「ジョハリの窓」を用いると、「カウンセリングにおいて、人はなせ気づきを重ねて自己解決に至るのか」を理解しやすくなります。

  

ジョハリの窓では自己について、「自分が知っている/知らない」「他者が知っている/知らない」の4つの領域があると考えます。

 

開放:自分も他人も知っている自分

盲点:他人は知っているが、自分は知らない自分

秘密:自分は知っているが、他人は知らない自分

未知:自分も他人も知らない自分

 

「ジョハリの窓」が示すのは、他者を通じて自己理解を深めていくことです。もう一つは、他者との関係を通じて自分を作っていくことです。

他にも「自己開示とジョハリの窓」について調べていると、「自己理解を深める」ことで、自分で気づいていなかった自分に気づいて自信が持てたり、他者との対話や人間関係の構築に前向きになれる、という効果があるようだ。

 けれど、そもそも「対話の場(誰かと何かを話す)での自己開示(自分について語る)」ということに苦手意識のある自分としては難しい問題だと思う。

 

そんな時にみつけた下記の言葉は、私に少しの期待をくれた。

日常生活で関わりのない第三者とのコミュニケーションが役に立ちます。日常生活で関わりがないからこそ、自己開示が促進されるからです。

第三者だからこそ話せる自分の話や、日常に関わりのない相手だからこそ出せる自分がある。親密ではない関係性のほうがお互いに自己開示ができ、よりよい話し合いにつながる場合もあるのではないか。

もちろんそればかりではいけないと思うが、自己開示の苦手な人たちにとって、第三者との対話で自分自身を確立していくことは良いエクササイズになると思うのだ。

[参照サイト]

【ジョハリの窓】他者を通じて自分を知る – 心理カウンセリングのフルフィメント

SHARE

  • Twitterでシェアする

  • Facebookでシェアする

OTHER INPUT

BACK TO INPUT INDEX

Discordで随時、
公開編集会議を行っています。

*上質なコミュニティにするためフォームへのご回答をお願いしております。